このサイトではこれからリフォームを考えている方に便利な最新の建築事情やおしゃれな部屋の作り方、ライフスタイルの変化に合わせる方法、おすすめの会社の選び方や子供がよろこぶ間取りなどを幅広くお話ししたいと思います。
家は住んでみてからこうした方が良いという事が後々いろいろとでてきます。そんな長い時間を過ごすこととなる家の環境にどう対応していけばよいのかと悩んでしまうことでしょう。
そんなあなたに役に立つ情報をお届けいたします。

ライフスタイルに合わせてリフォームを

ライフスタイルに合わせてリフォームを リフォームを考える時の多くはライフスタイルの変化です。それは家族の人数が増えることが考えられます。購入当時は夫婦二人だったのに子供が増えたり、親の介護が必要となり家に住んでもらう事になったなどです。
リフォームも建築方法によって間取りの変更が出来ない場合があります。ここは部屋を広くできるか、バリアフリーにできるかなどの問題が出てきます。工事してもらう会社に出来る限り可能か事前に相談してみた方がいいでしょう。なかなか未来の事を予想することは難しいことです。しかし、今考えられるすべての事を提案しておくことによって、いつか迎えるかもしれないリフォームがスムーズに行える手がかりの一つになるのかもしれません。そしてより良い環境で生活を送ることができるでしょう。

リフォームをするか建て替えるかどちらがお得?

リフォームをするか建て替えるかどちらがお得? 長年住み続けた家が古くなってきたら、リフォームをするかいっそ建て替えるか迷う人が多いのではないでしょうか。
まずリフォームする場合、今まで住んでいた住宅をもとに必要な部分を回収していく工事で、費用は300万~2000万円ほど必要になります。水回りの設備は劣化が早いので10年から20年ほどで必要になりますが、大規模な改修は30年程度が目安と言われています。元の住宅を活かしながらの工事なのでおよそ一か月ほどで完了する場合が多いです。
次に建て替えする場合、今ある住宅を完全に解体し新しく住宅を立て直すことになるので、その分コストや工事期間も必要になるのがデメリット。費用は1000万~4000万円必要になり、工期も4か月以上かかってしまいます。時間やお金はかかりますが、新しく自由に設計可能でその後長く住み続けられるのがメリットです。どちらを選択するか悩む部分ですが、ポイントは築年数。
30年以上住んでいてその後も長く住み続ける予定であれば大きく間取りを変更して建て替えるもいいですが、工期や費用をなるべく抑えたいのであればコストを抑えられるリフォームがおすすめです。どちらにしても見積もりを取ってよく検討しましょう。

断熱性を向上させるリフォームで夏は涼しく冬は暖かく

冷房や暖房が効きにくかったり窓から冷たいすきま風が入り込んできたり暑くて熱中症になったりなど、住宅における暑さや寒さに悩まされている方は多いのではないでしょうか。
そんな方におすすめなのが、断熱性を高めるためのリフォームです。
床材や壁材や工法にこだわったリフォームをすれば外の気温の影響を受けにくくなり、冬は暖かく夏は涼しく快適に過ごすことが出来るようになります。
冬場は部屋の隅々まで満遍なく温められ体感温度も上昇するので、血行不良や肩こりや冷え性や神経痛などの不調も和らぎます。
夏場は冷房が効きやすい状態になり部屋全体を効率良く冷やすことが出来るので、省エネや節電にもつながります。
日本の夏は年々暑くなってきており、猛暑日を記録する日が増えて夜になっても気温が下がりません。
熱中症対策のためにも涼しさの確保は必要不可欠です。断熱性向上を目的としたリフォームを行うと、固定資産税や所得税も安くなり一石二鳥です。

住宅に住みながらのリフォームはストレスがかかる可能性があります

"リフォームには様々な種類のものがありますが、その住宅に住みながら工事を行うことも可能となっています。
しかし住みながらのリフォームはストレスがかかる可能性もあるため、十分な注意が必要です。
どのような内容があげられるのかと言うと、家具の移動や片付けが重労働であるということです。
工事の日が決定したらその当日までに、その場所の片付けをしておかなければなりません。
ある程度大掛かりな規模となると片付けが終わらない可能性も考えられます。
家具を移動させた後には、多くのホコリが裏にたまっていたり、しつこい汚れが残っていることもあります。掃除の手間もしっかりと考えておかなければなりません。
そして工事中には家の中の全体が養生まみれになります。
自分が思っていた以上に広範囲に養生されてしまったり、様々な部屋を使えなくなるなど、不便なこともあるでしょう。
2日間続くことにもなり、これが工事完了までにストレスになることが予想されます。
その他にも職員さんの出入りが思っていたよりも多かったり、工事の騒音の問題なども考えておいた方が良いでしょう。

快適に過ごせるようにする玄関口のリフォーム

日々の生活の中で家族が増えたり、老後のこれからの生活を見据えた時に玄関のリフォームをするだけで、家の印象なども大きく変わります。
そのために扉を引き戸にする場合は、開閉のために立っている位置を移動したりすることもなく、比較的スムーズに出入りすることが出来るようになるので大変便利です。
特に車椅子や小さなお子様のベビーカーなどを出すときなどにも、扉の開口部を広くするだけで快適性が上がります。
靴を履きやすくするためのスペースや、座りやすい高さの腰掛けなどを設置することで、高齢の方でも身体に負担をかけないで移動することが可能です。
そのほかにも廊下や階段のリフォームも幅を広めにすることによって、介助しながら移動したり、階段の高さを低くしてつまずきにくい安全な設計をすることがポイントになってきます。
玄関口をリフォームするだけでスムーズに移動も出来て、日々の生活も快適に過ごせるようになることは、間違い無いでしょう。

リフォーム工事を行うときの資金計画のポイント

中古一戸建てやマンションを買うときには、入居前にリフォーム工事を行う必要があります。
したがって購入に加えて大規模な工事を視野に入れて、慎重に資金計画を構築することが重要です。
マイホームを買うときにはローンを活用するのが一般的であり、リフォーム工事で借入金額が増えると返済の負担も大きくなります。
しかし低金利のローンを選ぶことで、毎月の支払額も最小限に抑えることができます。
一方で長年住み続けてきた住まいが古くなったときにも、大規模なリニューアル工事を実施することがよくあります。
工事内容によっては仮住まいが必要になり、施工費用を融資で賄うケースも増えます。
親身になって相談に乗るリフォーム会社を活用すると、無理のない資金計画を構築して工事を行うことができます。
また新築の一戸建てを買った時でも、将来的には必ず修理や設備の更新が必要になります。
長期的な視点でお金を積み立てるのが、最適なタイミングでリフォームする最も良い方法です。

一部のリフォームには補助金が出ると知っているか

住宅リフォームには補助金が出ると知っていましたか。
もちろんすべての工事が対象となるわけではなく、一部の工事に対してなるため、事前に確認してから申請しましょう。
もっとも有名なものはバリアフリーのための工事に出る物です。
手すり設置や床の段差解消などの工事に対して費用が出るため、非常に割安な金額で工事を行えます。
家族に介護を必要としている人がいる場合、早めに工事を依頼することでよい結果につながる可能性は高いです。
バリアフリー用の物と介護保険による補助金は違うため、事前に確認してから申請してください。
耐震性を高めるための工事は長期優良住宅課リフォーム推進事業と呼ばれ、費用の3分の1程度かつ、100万円から250万円の間の金額が補助されます。
ただし3世代同居など特定の工事に関しては、さらに追加の補助があるため、項目をよく読んで申請して損はありません。
省エネルギー住宅へのリフォームを行う場合も、対象です。
内窓の設置やペアガラスに変更する場合や、外壁・屋根の断熱化などの工事が対象となります。
どの工事が対象となるのか、工事前に業者に確認してから依頼すると申請をスムーズに行える可能性は高いです。

上田市のリフォームお役立ち情報

上田市 リフォーム